割り切ることが大事です

恋人がいるのにセフレがいるという人がいます。
セフレとはセックスをするためだけに付き合っている関係です。
恋人以外の人とセックスするなんて、それは浮気じゃないのか? と思ってしまいますが、どうやらそうでもないようなのです。
恋人のことは好きだけれど、セックスだけ満足できない。だからセフレで補っている。あるいは、セフレのことは好きじゃないけれど、セックスは最高。だけど彼氏は別にいるということがあるようです。
まれにセフレにのめりこんでしまう人もいますが、大抵は利害が一致しなくなればあっさり別れてしまいます。なんの後腐れもありません。
きっかけはなんであれ最終的には彼氏・彼女の元に戻っていくのです。
セフレとは絶対に恋人にはなれないのかという疑問もありますが、ほぼないと考えておいたほうがいいでしょう。
もともと割り切った関係を前提に知り合っているわけですから、それ以上の関係になる可能性は低いです。
それにセフレから恋人になったとしても、自分と付き合いながらまた別のセフレを作ってしまうかもしれません。お互いにそれを許せるのかどうかという問題もありますね。自分がセフレの時は諦めのついたことでも、いざ恋人に昇格すると、相手にセフレがいることを許せなくなっているかもしれません。
いくら、好きになってはいけない相手とわかってはいても好きになってしまうことはあるでしょう。その時はその時です。お互いフリーだったら遠慮することはありませんし、付き合っている人がいるのなら、その問題を解決してから次のステップに進めばいいだけです。

関連記事一覧: